ダミーの防犯カメラは役に立つのか

防犯カメラには、実際には撮影をしていなくて、単に設置する事で泥棒などの抑止効果を狙う、ダミーのカメラも存在します。当然ですが、本物のカメラよりも安価で手に入るという手軽さから、費用が足りない人に大変人気があるカメラです。ですが、設置をする際には当然ですがダミーだと思わせない様にしなくては、全く意味がありません。そこで大切になってくるのが、いかにしてカメラを本物の様に見せるかという事です。ダミーカメラを本物の様に見せる為には、何よりも外観を重視しましょう。その為には、たとえダミーだとしてもあまりにも安すぎるカメラは購入しない様にして下さい。1万円程度だせば、ダミーでも本物の様に思わせることが出来る高性能のカメラを手に入れることが出来ます。防犯対策をきちんと行う為には、本物のカメラを用意するべきですが、予算が足りない人はきちんと外観にこだわりましょう。

ダミーの防犯カメラを設置する際に気を付ける事

防犯カメラには色んな種類があります。中には、まるで本物のカメラの様に見せるダミーカメラというものがあるのをご存知ですか。ですが、泥棒や空き巣犯は、当然ですが、その手のプロになりますので、ダミーを設置するのであれば、安価でわかりやすい物を設置してはいけません。逆にダミーを設置する事で、他の箇所の防犯対策がおろそかになってしまっては、簡単に家の中の侵入を許してしまいます。ですので、ダミーカメラを用意する際には、必ず本物に近くて一見してダミーだとは解らないようなものを購入しましょう。そこでおすすめするのが、ライトやランプが点滅するタイプのダミーカメラです。点滅する事で、あたかも撮影をしているかのように見せる事が出来る画期的なカメラになります。防犯対策はしっかりと行わなくては意味がありません。ダミーカメラを用意するのであれば、きちんとばれないものを用意しましょう。

一戸建てで防犯カメラは一つでよいか

オフィスなどの建物に入ると防犯カメラがたくさんついていることがあります。ビルに入る前にあり、エントランス、エレベーターホール、エレベーターのなか、それぞれのフロアなどにもついています。それらのカメラは総合管理室で一括で管理されていて、映像もすべてを一度に見られるようになっています。オフィスビルなどでは死角などで何かが起きて困らないように死角をなくすように設置しています。一戸建ての場合に1台だけつけておけばよいかですが、難しいところでしょう。まずは玄関に取り付けます。もっとも進入される可能性のあるところだからです。でも玄関以外にも窓などから侵入される可能性があります。となるとそれぞれの窓につけておくと安心です。自動車を保有しているなら自動車の様子をチェックできるようにしておく必要もあるでしょう。1台でもいいですが、複数あると安心です。