防犯カメラで便利なのが人感センサー

人を感知して作動する仕組みが一般的になっています。自動扉はかつては重みで開いていましたが今は人を感知するタイプが多いです。トイレの手洗い洗浄も人を感知して行ってくれます。これらのいいところは人が来たときだけ作動してくれてそれ以外はストップしてくれることです。水道などはかつては流しっぱなしになることがありましたが、今は人がいなくなれば自然に止まってくれます。防犯カメラの機能としてほしいのが人感センサーです。これは人が近くにいるときだけ撮影をするタイプになります。この機能がないものは基本的には電源を入れている間は常に撮影をします。ずっと撮影してくれるのはいいですが、映像を見ると何の変化もない撮影が永遠と続くことがあります。映像をチェックするのが大変になります。センサーで撮影するときは変化のある時しか撮影されていません。

家庭用防犯カメラが購入できるところ

都市部には電気街と呼ばれるところがあります。まだ家電量販店がそれほどなかったころは電気街が安売りとして知られていました。今は少し様子を変えていますが、専門的な電気製品を扱うところが多くなっています。防犯カメラを購入するときも専門店で買うことがありますが、電気街であれば数件はあるでしょう。専門店は商品の数が多いだけでなく、いろいろなアドバイスを受けることができるメリットがあります。近くに電気街がない、専門店では買いにくい場合があります。このときには無理に電気街まで行く必要はありません。比較的身近なところで購入できます。まず家電量販店があります。決して数は多くはありませんが、インターホンなどと一緒に販売していることが多いです。そのほかにはホームセンターがあります。家電量販店よりも多くの商品が置いてあり、設置をしてくれるところもあります。

意外なモノを使って防犯カメラにしよう

防犯カメラは非常に大切です。特に一人暮らしをしている女性にしてみれば、留守中に誰が来ているのか不安に感じる事もあるでしょう。そこで大切になってくるのが、きちんとした防犯対策です。ですが、上京したてで、しかも学生ともなりますと、なかなか高性能のカメラを購入するのにも費用が掛かりますよね。そこでおすすめするのが、古いスマートフォンを使って防犯カメラにするという事です。セキュリティカメラ系のアプリがいくつかありますので、使用していないスマートフォンを使ってアプリをダウンロードすれば、高いカメラを購入しなくても、簡単に防犯カメラを作り出す事が出来ます。防犯対策はものすごく大切です。特に一人暮らしの女性ともなりますと、夜遅くなりますと、夜道が不安ですよね。何か大きな事件に巻き込まれる前に、出来る限りの対策はきちんと取りましょう。