防犯対策には、防犯カメラがおすすめ

近年は住民の防犯意識も高まってきており、自分達の安全は自分達で守っていかなくてはならないという時代になってきています。特にお子さんがいる家庭はきちんと防犯対策をしていく必要があります。最近のマンションはニーズに合わせて、セキュリティ面が充実しています。オートロックだったりピッキングされにくい鍵に交換したり、管理人が常駐しているとか防犯カメラが設置されていたりする場合もあります。一戸建ての場合の防犯対策は、全て自分達でやらなくてはいけません。センサーライトや二重鍵、最近では一般家庭でも防犯カメラを設置するところも増えてきました。ただ設置しているだけでも、防犯意識が高い家だと認識されて、空き巣に入られる可能性も低くなります。侵入者に察知して室内チャイムが鳴ったり光ったり、夜間も監視するなら赤外線機能があるものが良いでしょう。数々の防犯対策の中でも、防犯カメラが一番効果的だと言われているので、是非検討してみてはどうでしょうか。

ホームセンターで購入出来る防犯カメラ

ホームセンターには、様々な防犯グッズがあります。家に取り付ける防犯カメラも、何種類か扱っています。最近多いのが、スマートフォンと連動しているタイプのカメラです。通信網を利用して、家に設置したカメラが映す画像を、外出先でスマホから確認できます。また、インターネット環境がなくても利用できるタイプもあります。主に家の外側を監視するカメラで、室内のテレビに接続して画像を確認できる、赤外線タイプです。画面付きのドアフォンがある家なら、ドアフォンを録画機能付きの物に替えるというのもおすすめです。配線はこれまでの物を使えるので、工事も簡単です。カメラが付いているだけでも、家の防犯には役立ちます。ダミーカメラを目立つ場所に設置するのも有効な手段です。どれもホームセンターで気軽に入手できるものばかりです。家のセキュリティが心配な時は、ホームセンターで防犯カメラを探してみてはいかがでしょうか。

防犯カメラでダミーでも抑止力を得られる

子供のときにおもちゃのカメラや携帯電話のようなもので遊んだかもしれません。もちろんおもちゃなので撮影も電話もできません。でも持っているだけで大人になったような気がした人もいます。おもちゃなので大人から見るとかなり形は本物に比べて異なります。もしこれが本物のような形をしていたら本物に間違えるかもしれません。通話できる機能のない電話を持って話していると話しているように見えます。防犯カメラにはダミーと呼ばれるタイプがあります。こちらには撮影能力はありません。ですから実際には記録もできません。なぜ売られているかといえば、これでもしっかりと抑止力が得られるからです。しかしこれがおもちゃのようであっては意味がありません。紙で作ったものなどでも意味がありません。よりリアルに作っていて、しかも動いたりランプがつくものもあります。